サプリメント

【公式よりわかる】ザバスプロテインの選び方~2021年版全製品徹底比較~

ザバスのプロテインてどれがいいの?
ちょっと色々ありすぎて迷うね
公式を見てもなかなか比較が難しいですね。

そこで、今回はザバスのプロテインの選び方を解説

2021年版ザバスプロテイン全製品を比較・評価していきます

 

この記事でわかること

 

ちびりょー

この記事のライター

よこりょー

  • プロテイン愛飲歴5年以上
  • サプリメント50種類以上の使用経験あり
  • 元陸上全国9位・元アマチュアムエタイ王者

 

手っ取り早く商品比較とおすすめ見た方はこちらからジャンプできます。

 

こんな方におすすめ

  • トレーニングを始めた
  • 運動してダイエットしている
  • 子供のスポーツのサポートをしたい

 

 

目次

プロテインの基礎知識【種類】

プロテインには大きく3つの種類があります。

 

それぞれ効果に特徴があるので、目的に合った種類のプロテインを選ぶことが大切です。

 

まずはプロテインの種類から解説していきます。

 

ホエイプロテイン

最も一般的なプロテイン。牛乳を原料とする動物性のタンパク質です。

 

特徴としては消化吸収の速度が早く、運動後のタンパク質摂取に優れています。

 

おおよそ30分~1時間程度で吸収されます。

 

一般的に売られている粉末プロテインは、このホエイプロテインが多いです。

 

ホエイプロテインは吸収速度が早く、 急いで栄養を取り込みたい場合に効果的です。
例えば、トレーニング後のゴールデンタイムでのタンパク質補給
起床後のタンパク質補給など。
基本的に血中アミノ酸濃度(血液中のアミノ酸の濃度)が低下するタイミングで、
アミノ酸を即時補給する目的で飲みます。
これにより、カタボリック(筋分解)の時間を短縮し、筋合成を促すことで筋肥大につなげます。
そのため、ホエイプロテインはトレーニングを行う方に特に効果的なプロテインです。

プロテインの種類と特徴|初心者でも分かる効果的な飲み方解説より

 

\ ザバスの王道もホエイ /

 

ちなみに、もう少し細かく見ると、ホエイプロテインにも3つの種類があります。

それがこれ。

  1. WPC:ホエイプロテインコンセントレート
  2. WPI:ホエイプロテインアイソレート
  3. WPH:ホエイプロテインハイドロライズド

それぞれの特徴はこんな感じ。

  タンパク質含有率 効果 価格
WPC 70%~80% 良い 安価
WPI 80%~90% 高い 高価
WPH 75%~95% 超高い 高価

基本的には最初はWPCを選べば問題ないですし、WPC製品がほとんどです

 

こんなの良く分からないですよ
ですよねw

ザックリこんな種類もあるんだな。程度でOKです。

 

ホエイプロテインでお腹がゆるくなる。などの症状はWPCが合わないことが原因だったりします。牛乳でお腹を壊す方は、WPIなら大丈夫なのでWPI製品を選ぶといいです。

 

少し詳しく知りたい方はこちらの記事で解説しています。

プロテインの種類と特徴|初心者でも分かる効果的な飲み方解説

ダンベル
プロテインの種類と特徴|初心者でも分かる効果的な飲み方解説

続きを見る

 

ソイプロテイン

大豆を原料とする植物性のタンパク質です。

 

吸収速度が緩やかで、脂質が少ないのが特徴。

 

およそ5時間程度で吸収されるので、腹持ちも良いです。

 

ダイエットで飲む方に人気のプロテインで、女性にも人気

 

普段の食事にプラスしたり、おやつの代わりにするのがおすすめ。

 

なんだかホエイプロテインよりヘルシーなイメージで安心

 

緩やかな吸収と、腹持ち・低脂質・イソフラボンを特徴とするプロテインで、
間食として利用すると血中アミノ酸濃度も一定レベルで保つことが出来、筋分解を抑制することが出来ます。
また脂質も少ない製品が多いため、余分なカロリーを摂取することも無く、腹持ちも良いため空腹感の軽減に繋がります。
そのため、トレーニングを行っていない人でも取り入れやすく扱いやすいプロテインです。

プロテインの種類と特徴|初心者でも分かる効果的な飲み方解説より

\ ソイプロテインはダイエットにも /

カゼインプロテイン

あんまり聞かない種類ね。
だと思います。販売されてる種類が少ないですから。
でも実はダイエットに最も効果的なプロテインなんです。
そうなの?!

 

カゼインは牛乳を原料とする動物性のタンパク質。

 

ホエイプロテインとの違いは、消化吸収のスピードが極端にゆっくりなことです。

 

およそ8時間ほどかけて吸収されます。

 

消化吸収が緩やかということは、腹持ちが良い。そして「血中アミノ酸濃度が下がりにくい」と言う事。

 

ダイエットや減量中の筋肉減少で太りやすい身体になることを防ぐ効果があります

 

なんだか良さそう...
僕は寝る前にカゼインを飲んでますよ。

 

血中アミノ酸濃度を下げずに維持することが、筋肉量を減らさないためのコツです
可能な方は15時前後の間食にもカゼインを取ると、就寝まで持たせることが出来ます。
トレーニングを本格的に行い、筋肉量を減らしたくない方はもちろんのこと、
普段からタンパク質が不足しがちな女性にもおすすめのプロテインです。

プロテインの種類と特徴|初心者でも分かる効果的な飲み方解説より

 

\ カゼインは減量期に最適 /

 

プロテインの選び方

プロテインの種類と特徴が把握できたら、あなたに合ったプロテインを選んでいきましょう。

 

トレーニングを始めた方

まずはホエイプロテインが良いでしょう

 

WPC・WPI・WPHどれにしても初めは大きな差はありません。

 

安価で買いやすいWPCの製品がおすすめです。

 

ムキムキになっちゃわない?
全くならないです。安心してください。

ムキムキになるには、泣くほどキツいトレーニングと白目なるほどの食事量が必要ですから。

 

 

 

軽い運動をしてダイエットしている方

ソイプロテインがおすすめです

 

理由は腹持ちも良く、筋分解(カタボリック)を抑制できるためです。

 

ダイエット中は筋肉が分解されやすく、すぐ太る身体になりやすいので、大豆由来のタンパク質でゆっくり吸収させましょう。

 

カゼインもおすすめですが、カゼインは比較的高価なので、ソイプロテインの方が購入しやすいと思います。

 

 

 

子供のスポーツをサポートしたい方

ホエイプロテインがおすすめです

 

吸収も早く、内臓に負担をかけません。

 

また、身体を作るのはカルシウムでもビタミン類でもありません。材料はタンパク質です。

 

すぐに吸収されるホエイプロテインが身体つくりには最も効率的で、スポーツの成績にも影響しやすいでしょう。

 

ちなみに、ジュニアプロテインと名の付いたプロテインは子供向けというワケではなく、単純にタンパク質含有量を下げて、他の栄養素をブレンドしただけの商品です。

 

プロテインはただのタンパク質ですから、お肉や魚を沢山食べているのと一緒。

 

”○○向け”のプロテインは存在しません。

 

まずは一般的なホエイプロテインからでOKです。

 

 

プロテインを取る目的はタンパク質(再確認)

再度確認をしておきます。

 

プロテインを摂る目的はタンパク質の効率的な摂取です

 

最近は色々な栄養素がブレンドされた「○○向けプロテイン」という商品が出ていますが、ハッキリ言ってどれも割高です。

 

ブレンド商品のイメージは福袋ですね。

 

本当に欲しいもの以外にも色々なものが入っている感じ。

 

何となく嬉しいけど、それなら個別で必要なものを買った方が結局安いです。

 

もう一度言います。

 

プロテインの目的はタンパク質の摂取です

 

コスパを考えるなら、タンパク質1gあたりの価格を比較すると良いでしょう。

 

では、これを前提にプロテインの選び方を解説していきます。

 

プロテインは成分表示で選ぶ

プロテインの成分内容は100%タンパク質ではありません。

 

これはホエイでもソイでもカゼインでも同じこと。

 

炭水化物・脂質も入っていて、それぞれの含有率は原料(ホエイ・ソイなど)でも異なりますし、商品でも異なります。

 

そしてプロテインを選ぶ際にはこれらの含有量を基準に選ぶ必要があります。

 

栄養成分表示

プロテインの商品パッケージの裏にある栄養成分表示です。

購入の際にはこちらを必ず確認しましょう。

 

どんな商品名だろうと、どんなに綺麗なパッケージでも、プロテインの効果はすべてこの栄養成分表示で決まります。

 

商品の名前に騙されないようにしましょう。

 

タンパク質

プロテインの主成分です。

 

当然、タンパク質含有率が高い商品の方がよいでしょう。

 

選ぶ基準としては、ホエイは75%以上ソイは80%以上のものを選びましょう。

 

ハッキリ言ってこれ以下は買う価値ありません。

 

ホエイとソイで含有率が違うのは、精製方法が違うからです。 ホエイは乳糖脂質を含むためタンパク質含有量はソイに比べ低めで、ソイは脂質が少なくタンパク質含有量は高めになる傾向があります。

 

脂質

脂質はなるべく少ない方がよいですが、意識しすぎる必要はありません。

 

こちらもホエイとソイで含有率は異なり、ホエイは多め、ソイは少なめになります。

 

選ぶ基準としては、ホエイは8%以下ソイは5%以下がよいでしょう。

 

炭水化物

注意をしたいのが炭水化物。

 

プロテインの美味しさに関係しています。

 

基本的に甘く美味しく飲みやすいプロテインは炭水化物が多い傾向にあります。

 

炭水化物の含有率が過剰に多いものは避けた方がよいですが、ある程度の含有率は許容して良いでしょう。

 

コツとしては目的別に炭水化物含有率を判断すると良いです。

 

筋肥大:25%以下、引締め:15%以下、ダイエット:10%以下を目安にしましょう。

 

ザバスプロテインの商品一覧【全17種類】

カテゴリー商品名イメージ画像適正イメージ
スタンダードタイプザバス ホエイプロテイン100 ココア味理想の筋肉
ザバス アクアホエイプロテイン100理想の筋肉
タンパク質強化タイプザバス タイプ1ストレングス瞬発力
ザバス プロ ホエイプロテインGP瞬発力
ザバス(SAVAS) プロ クリアプロテイン ホエイ100瞬発力
特殊配合タイプザバス タイプ2スピードパワー・持久力
ザバス(SAVAS) タイプ3エンデュランス ソイプロテイン+マルトデキストリン バニラ味持久力
糖質配合タイプザバス プロ リカバリープロテイン グレープフルーツ味回復
ザバス(SAVAS) アスリート ウェイトアップ(ホエイプロテイン)バナナ味 ウェイトアップ
ローファットタイプザバス(SAVAS) アスリート ウェイトダウン(ソイプロテイン+ガルシニア)ヨーグルト風味ダイエット
ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100 ココア味ダイエット・引き締め
携行用タイプザバス アミノパワープロテイン持ち歩き
ザバス リカバリープロテインゼリー回復・持ち歩き
ザバス プロテインゼリー軽食・持ち歩き
美味しさ優先タイプザバス(SAVAS) for Woman シェイプ&ビューティ ミルクティー風味引き締め
ザバス ジュニアプロテイン ジュニア
ミルクプロテインSAVAS ザバス MILK PROTEIN (ミルクプロテイン)脂肪0 200ml ココア・バナナ手軽
SAVAS ザバス ミルクプロテイン 脂肪0 ストロベリー・SOYミルクティー風味女性にも人気

 

こんなにあったら選びきれないです。
ですよね。

 

商品の特徴別にご説明します。

 

※以降は「ホエイ・ソイ・WPC・WPI・ペプチド・カタボリック」などの用語も出てきます。用語分からない場合は【プロテイン】初心者でも分かる!種類・特徴・選び方でご説明しておりますので、ご参考にしてください。

 

スタンダードタイプ

一番のおすすめ。

 

初心者の方や、初めてプロテインを選ぶ方は、是非この中から選んで頂きたい。

 

成分に間違いはありませんし、ちゃんと価格に見合った内容のプロテインです。

 

最もスタンダード

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

ホエイプロテイン100%使用

たんぱく原料として、吸収の良い「ホエイプロテイン」を100%使用しています。トレーニング直後などのプロテイン摂取ポイントに合わせてたんぱく質を補給できるので、理想的なカラダづくりをサポートします。

ザバス公式HPよりhttps://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/whey100.php

初心者~中級者まで、誰もが飲めるプロテインで、成分も十分です。

 

初心者の方は変なものに手を出さず、まず最初に選ぶべき商品です。

 

これを選んでおけば、味も効果も間違いはないです。

 

すっきり飲みやすいホエイ

ザバス アクアホエイプロテイン100

スポーツ直後の飲みやすさを追求
アクア製法によりプロテインの常識を変えるクリアでスッキリした飲み口を実現。
たんぱく摂取効率の高いスポーツ直後の飲みやすさを追求した水分補給もできるスポーツドリンク感覚のプロテインです。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/aquawhey.php

スタンダードでありながら、脂質をカットしてすっきり飲みやすくしたのがこちら。

 

こちらも初心者の方に最初に選んでいただきたいプロテインです。

 

プロテインぽくないすっきりした飲み口で、非常に飲みやすいです。

 

プロテインの濃い感じが苦手な人はこれが良いでしょう。

 

また、ザバス ホエイプロテイン100はWPCであるのに対して、こちらはWPIあるため、乳糖不耐性(牛乳でお腹を壊してしまう体質)のある方でも安心して飲むことが出来ます。

 

このクリアフレーバーは他にはあまりない商品で、プロテインを飲んだことのない方でも気軽に飲めると思います。

 

タンパク質強化タイプ

これらは価格は少々高いですが、質の高いプロテインです。

 

商品名やイメージに引っ張られて、ムキムキの人向けと思われがちですが、こういった高タンパク質商品のほうが、実はダイエットや体の引き締めには向いています

 

これらを飲んだからと言ってマッチョにはなれませんので、ちゃんとダイエットをしたいと思う女性もこちらを選んだ方が良いです。

 

タンパク質強化レベル1

ザバス タイプ1ストレングス

1Strength

「ホエイプロテイン100%+パワーペプチド強化」
たんぱく原料として吸収の良い「ホエイプロテイン」を100%使用しています。トレーニング直後などのプロテイン摂取ポイントに合わせて、効率的に補給することができます。さらに、アスリートのカラダづくりにうれしいパワーペプチドを強化しました。
※パワーペプチドとは、当社が独自に開発したホエイペプチドで、ホエイたんぱくを吸収の良いペプチドに分解したものです。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/type1.php

タンパク質含有率を高めたタイプでタンパク質含有率は約75%。比較的高い上、ペプチド配合で標準的な ザバス ホエイプロテイン100 よりはタンパク質吸収効率も高いです。

 

タンパク質強化レベル2

ザバス プロ ホエイプロテインGP

WheyGP

「高純度ホエイプロテイン(WPI)」使用
高精製された純度の高いホエイ原料WPI(ホエイプロテインアイソレート)を用いたタンパク含有率90%以上(製品無水物あたり)のハイスペックなプロテインです。

ザバス公式HPよりhttps://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/wheygp.php

タンパク質強化のハイスペック版。WPIを採用しており、90%を超えるタンパク質含有率はとても高いです。他社製品と比べてもトップクラスの品質です。

 

タンパク質強化レベルMAX

ザバス プロ クリアプロテイン ホエイ100

Whey clear pro

タンパク含量97%(製品無水物あたり)
高精製された純度の高いホエイ原料WPI(ホエイプロテインアイソレート)を厳選使用。ザバスとして、最高レベルまでタンパク含量を高めたハイスペックなプロテインです。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/clearwhey.php

これは凄い。ザバス プロ ホエイプロテインGPよりさらにタンパク質含有率を高めた最高品質プロテイン。他社製品にも97%のタンパク質含有率はそうありません。さすがザバスです。

 

味は他のプロ遅延に比べると美味しくありませんが、最高級のプロテインと言ってよいでしょう。

 

特殊配合タイプ

ホエイ+ソイ

ザバス タイプ2スピード

2speed

「ホエイプロテイン&大豆プロテイン+BCAA強化」
パワフルな筋肉に欠かせない「ホエイプロテイン」とスタミナある筋肉に欠かせない「大豆プロテイン」、さらには、スタミナの持続を助ける「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」をバランスよく配合しました。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/type2.php

正直、この配合でパワー持久系競技におすすめというイメージ設定がよく分からないのがこちら。

 

プロテインの原料によって、筋肉の質が変わることはありませんから、「パワフルな筋肉にホエイ、スタミナのある筋肉に大豆プロテイン」という表現はいまいちです。

 

こちらを選ぶのであれば、スタンダードタイプやタンパク質強化タイプを選んだほうが良いでしょう。

 

ソイ+マルトデキストリン

ザバス タイプ3 エンデュランス

3endurance

「大豆プロテイン100%+マルトデキストリン配合」
たんぱく原料としてスタミナある筋肉に欠かせない「大豆プロテイン」を100%使用しています。さらに、エネルギー補給に優れた糖質「マルトデキストリン」をバランスよく配合しています。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/type3.php

持久系競技で消費されるグリコーゲンとタンパク質の補給用がこちら。

 

吸収速度の遅いソイプロテインと、吸収速度が速いエネルギー源のマルトデキストリンの配合。

 

この配合であれば、持久系トレーニング前での摂取で効果が高いと考えられます。

 

ただ、持久系トレーニング前にプロテインを飲めるかは実際微妙で、現実的には練習後になるでしょう。

 

その場合はソイ+マルトデキストリンよりも、ホエイ+マルトデキストリンの方がタンパク質の吸収効果も高いです。

 

そのため、なぜソイと混ぜたのか微妙

 

持久系競技者で似たようなプロテインを選びたいのなら、ザバス プロ リカバリープロテインの方が、より効果が高いです。

 

糖質配合タイプ

疲労回復&筋分解抑制

ザバス プロ リカバリープロテイン

recovery

ホエイプロテイン+マルトデキストリン
トレーニングで酷使したカラダに欠かすことのできないたんぱく質と糖質をバランス良く補給でき、アスリートのリカバリーをサポートします。たんぱく原料として、リカバリー時の栄養補給に適した「ホエイプロテイン」を100%使用し、エネルギー補給に優れた「マルトデキストリン」を配合しています。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/recovery_protein.php

マルトデキストリンによるグリコーゲンの補給と、ホエイプロテインによるタンパク質の急速補給により、トレーニング後のカタボリックを抑える効果が見込めます。

 

ホエイはソイより吸収速度が速いため、ザバス タイプ3 エンデュランスよりもよりトレーニング後の回復向けになっています。

 

利用目的も明確になっており、ゴールデンタイムに効果の高い配合です。

 

タンパク質20%、糖質70%のダメプロテイン

ザバス(SAVAS) アスリート ウェイトアップ(ホエイプロテイン)バナナ味

Weight Up

 ホエイプロテイン+マルトデキストリン配合

たんぱく原料として、吸収の良い「ホエイプロテイン」を100%使用し、エネルギー補給に優れた「マルトデキストリン」を配合。
トレーニングで消耗したカラダにたんぱく質と糖質を補給でき、カラダづくりとリカバリーをサポートします。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/weightup.php

これはほぼプロテインではなく、マルトデキストリン(糖質)です。

 

増量目的で摂るにしても、これ単体ではタンパク質量は足りません。

 

使い方は、マルトデキストリンとして、糖質補給を行いたい場合に、プロテインと混ぜる。といった形にすると良いでしょう。

 

プロテインを購入したい場合はこちら以外のものを選ぶのが良いです。

 

ソイ100%タイプ

高タンパク・低脂質

ザバス(SAVAS) アスリート ウェイトダウン(ソイプロテイン+ガルシニア)ヨーグルト風味

Weight Down

大豆プロテイン+ガルシニアエキス配合
たんぱく原料として、引き締まったカラダづくりをサポートする「大豆プロテイン」を配合。
運動で、減量したい方のカラダづくりに役立ちます。
さらに「ガルシニアエキス」を配合しました。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/weightdown.php

タンパク質含有率84%超えの優秀ソイプロテイン。

 

脂質、糖質も低く、ヨーグルト風味で飲みやすい味。

 

無脂肪ヨーグルトと混ぜて間食にもおすすめ。

 

飲んだからと言って痩せるものではないが、ダイエットに利用しやすい配合設計で、ダイエット中の人にもおすすめです。

 

標準ソイプロテイン

ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100 ココア味

 ソイプロテイン100%使用
たんぱく原料として、引き締まったカラダづくりをサポートする「大豆プロテイン」を100%使用しています。トレーニング直後などのプロテイン摂取ポイントに合わせてたんぱく質を補給できるので、理想的なカラダづくりをサポートします。

ソイプロテインの標準タイプです。タンパク質含有率も75%と標準的。

 

特筆すべき点は特になく、どの用途に於いても、こちらのソイを選ぶならウェイトダウンの方が良いです。

 

携行用タイプ

携行スティック

ザバス アミノパワープロテイン

aminopower

いつでもどこでもそのまま飲めるスティックタイプ!
シェイク不要で水などの飲料と一緒にそのまま飲めるので、好きなタイミングで手軽に飲むことができます。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/aminopower_protein.php

携行タイプのプロテインスティックですが、内容量があまりに少なすぎて、実用には耐えないと言えます

 

トレーニング前に筋分解抑制として利用するBCAAとしての使い方になるかと思いますが、その際には素直にBCAAを購入した方が良いでしょう。

 

リカバリー用携行ゼリー

ザバス リカバリープロテインゼリー

recovery jerry

スポーツで酷使したカラダに理想的な糖質:たんぱく質(3:1)が摂れるゼリーです。
糖質としてマルトデキストリンを、たんぱく源としてホエイプロテインを10g配合。
リカバリーをサポートするビタミンD・ビタミンB群と亜鉛を配合しています。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/recovery_protein_jerry.php

リカバリーを目的とするならば、ホエイプロテイン+マルトデキストリンを飲むのがベストですが、シェイカーを持ち歩けない状況で、補助的に携行品として利用するには悪くない内容です。

 

ただ、やはり内容量は少ないため、こちらをメインにリカバリーを考えるのは難しいです。

 

おやつ用携行品

ザバス プロテインゼリー

protein jerry

おいしく小腹も満たせるゼリータイプ。
高たんぱく、低脂肪、低糖類の設計。
3種のビタミンを配合。
ゼリーと風味の相性が良いホエイプロテインを使用。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/bodymake/protein_jerry.html

内容は悪くないですが、タンパク質量・糖質量も少なく、 ほとんどが水分です。

 

食物繊維量は2.0gになるので、それなりに腹持ちは良く、カロリーは低いため、ダイエット中のおやつとして使い道があるかもしれません。

 

美味しさ優先タイプ

なんちゃってプロテイン

ザバス(SAVAS) for Woman シェイプ&ビューティ ミルクティー風味

Shape&beauty

運動でキレイに引き締めたい女性にうれしい成分を配合
引き締まったカラダづくりをサポートする「大豆プロテイン」と美容にうれしい「フィッシュコラーゲン1500mg*」を配合しているので、健康的なキレイを目指すことができます。
*1食分(14g)当たり

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/shape.php

タンパク質含有率は50%台で非常に低く、美容成分も効果を期待できる量は配合されていないと言えます。

 

これを飲んでも痩せることも、筋肉をつけることも難しく、逆に飲みすぎると太る可能性があり、使い道が見つからない商品です。

 

飲みやすいように味は美味しくしてありますので、他の味がダメで飲めないようであれば、消去法的にこちらを選んでもよいかもしれません。

 

ジュニアも飲みやすい甘いプロテイン

ザバス ジュニアプロテイン

junior protein

スポーツと成長のためのたんぱく質
スポーツできる強いカラダづくりと成長のために、たんぱく質は摂りたい成分の1つです。たんぱく質として、牛乳生まれのホエイ(乳清)プロテインを配合しました。

ザバス公式HPより https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/junior.php

ジュニアでも飲みやすい味とビタミン類の配合で商品化されたものですが、端的に言うと、タンパク質摂取もビタミン類摂取もこれで摂る必要はありません。

 

ジュニアはまずは食事から栄養を摂りましょう。

 

どうしてもサプリメントで摂りたい場合は、普通にプロテインとマルチビタミンを飲めば、これより内容の濃い栄養素の摂取が可能です。

 

ザバスプロテイン製品比較表

おすすめ商品名イメージ画像タンパク質100gあたりコスト1回分カロリータンパク質含有率脂質含有率炭水化物含有率
Best明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g530円/P:100g83kcal75%6.2%12.8%
ザバス アクアホエイプロテイン100747円/P:100g78kcal70%0%27.1%
ザバス タイプ1ストレングス554円/P:100g83kcal78%6.7%9.0%
Bestザバス プロ ホエイプロテインGP794円/P:100g78kcal90%1.4%3.8%
Bestザバス プロ クリアプロテイン ホエイ100743円/P:100g78kcal97%0%1.0%
ザバス タイプ2スピード552円/P:100g81kcal74%4.8%13.8%
ザバス タイプ3 エンデュランス568円/P:100g78kcal65%2.8%23.8%
ザバス プロ リカバリープロテイン グレープフルーツ味1495円/P:100g112kcal38%0%58.3%
明治 ザバス(SAVAS) アスリート ウェイトアップ(ホエイプロテイン)バナナ味 【60食分】 1,260g1487円/P:100g77kcal20%1.9%68.6%
Best明治 ザバス(SAVAS) アスリート ウェイトダウン(ソイプロテイン+ガルシニア)ヨーグルト風味 【45食分】 945g385円/P:100g79kcal84.5%4.3%4.3%
明治 ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100 ココア味【45食分】 945g419円/P:100g80kcal75%4.3%14.3%
ザバス アミノパワープロテイン2500円/P:100g16kcal85.7%0.7%9.5%
ザバス リカバリープロテインゼリー2698円/P:100g170kcal5.6%0.5%17.2%
ザバス プロテインゼリー3870円/P:100g50kcal3.1%0.6%2.6%
明治 ザバス(SAVAS) for Woman シェイプ&ビューティ ミルクティー風味【45食分】 945g793円/P:100g51kcal54.5%2.1%34.3%
ザバス ジュニアプロテイン 1100円/P:100g104kcal45%0.7%48.6%

ザバスプロテイン目的別ランキング

各製品の評価と比較表から、本当に選ぶべきBEST1製品を目的別にピックアップ!

トレーニングを始めた方におすすめ

Bestザバスホエイプロテイン100

王道のスタンダードホエイプロテイン。

僕も最初はこのプロテインでした。

誰にでもおすすめ出来る製品で、どんな目的でも効果的に飲むことが出来る、オールマイティ製品。

飲みやすく、解けやすく、コスパも良い。

最初の1つに本当に選ぶべき商品です

 

ダイエットにおすすめ

Bestザバスウェイトダウン

タンパク質含有率が高く、脂質・炭水化物が低いのでカロリーを抑えてタンパク質を摂取できます。

減量期間中は愛用するプロテインです。

また、ソイプロテインの特徴で吸収速度が緩やかなので、血中アミノ酸濃度を長時間維持することも出来ます。

腹持ちも良いので、間食に使うととても効果的なので、ダイエットには絶対こちらが良いです。

あとヨーグルトと混ぜると美味しい。

 

体の引き締めにおすすめ

Bestザバスプロ ホエイプロテインGP

意外に思われるかもしれませんが、こういった高タンパク質製品の方が、筋肉を大きくせず、引き締めるには効果的です。

また、プロテインを飲んだからと言ってムキムキになるわけではないので安心してください。

実は筋肉はタンパク質だけでは大きくなりません。

筋肥大のためにはかなり厳しいトレーニングと糖質の摂取も必要不可欠で、タンパク質のみ摂っても効率的に筋合成はされません。

この商品は糖質・脂質ともに極少で、かつタンパク質含有量も多い。

男性に比べタンパク質が不足しやすい女性には最も良いタンパク質補給商品と言えます。

女性向けプロテインなどと謳われた中途半端な商品より、よほど効果的でコスパも良いです。

 

本気で品質を求める方におすすめ

Bestザバスプロ クリアプロテインホエイ100

脅威のタンパク質含有率97%。脂質0%、炭水化物1%のモンスタープロテイン。

他にはない成分内容なので、品質を追求したい方にはおすすめ。

これほどまでに洗練されたプロテインは他にはないでしょう。

価格は少し張りますが、それだけの価値はあると思います。

 

子供の身体つくりにおすすめ

子供でもやはり王道のスタンダードホエイプロテインがおすすめ。

内容成分も申し分なく、タンパク質含有量も問題ない。

価格も安価で品質ーコストのバランスが取れているので、子供の栄養サポートには最適です。

子供だからってジュニアプロテインを選ぶ必要はないです。

子供でも最初の1つに選ぶべき商品です

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

商品はたくさんあっても、比較してみると実際に使えるものは限られてきますね。

 

味の好みもありますので、まずは気になった商品を試してみることをおすすめします。

 

では、良いフィットネスライフを!

よく読まれている記事

-サプリメント
-, ,

© 2021 RYO BLOG 58 Powered by AFFINGER5