ダイエット

1週間で-2キロ!甘い物も食べれる短期間ダイエット法

2019/09/06

Pocket

こんにちは。ダイエットアドバイザーのりょう(@ryofit58)です。

1年の中で数回くらい、

来週までに何とか細くなりたい!ていう時ってありませんか?

例えば友人の結婚式がある!

海に行く!

同窓会がある!とか。

そこでちょっと頑張ってみて、夜の炭水化物を抜いたり、甘いものを制限したりするものの、

やっぱり体重てなかなか落ちないですよね。

それで結局今更ダイエットしても間に合わないよ。って諦めたりしてませんか?

 

もちろん糖質や脂質と摂りすぎないのはダイエットの基本ですが、

短期間で体重を落としたい場合はこの方法では限界があります。

 

また、極端に食事を減らして無理やり体重を落とすのも、

体に掛かる負荷も大きく、筋肉も減るためおすすめしません。

 

そこで今回は、

短期間だけど無理しない・筋肉も減らさないで細くなる。

そんなダイエット方法をご紹介します。

 

注意!!

この方法で絶対に過度なことはしないでください。

無理をすると体調を壊す可能性があります。

適度に適切に行うことを心掛けて、

自己責任の元、取り組むようにしてください。

1週間2キロダイエットでやることはたった2つ

このダイエットでやることは2つだけです。

1.塩分を摂らない

2.体の水分を排出する

この2つです。

糖質を抜いても、食事を抜いても落ちなかった体重が、

何故この2つだけで2キロも体重が落ちるのでしょうか?

その理由をご説明いたします。

1週間2キロダイエットは何を減らすのか

通常のダイエットでは基本的に脂肪を落とすことを目標にします。

しかしそれでは必ず時間がかかるため、

この方法では

「余分な水分」

を落とします。

実は人間の体の60%~70%は水分で構成されており、

必要以上の水分を溜め過ぎている場合、体重が増えていたり、むくんでいたりします。

このダイエット方法は、その余分な水分を排出してあげることで体重を落とそうというものです。

これで実際に1週間に2キロ体重を落とすことは出来ますし、見た目も細くなります。

そして何より、即効性がある。というのが一番の利点。

 

ただし、水分・塩分をたくさん摂れば、当然体重は戻りますよ。

 

よくYoutubeなどでも見かける

「1週間で2キロ痩せた!」

「5日で2キロ痩せた!」

などの方法も、実は落としているのは腸内滞留物だったり、筋肉だったりで、脂肪ではないです。

脂肪を落とすには、やはりそれ相応の期間と努力が必要です。

 

なのであくまでこのダイエット方法は、

「一時的で良いから短期間で細くなりたい!」

という場合に活用できる方法ですので、

1か月半程度の期間で、ちゃんと脂肪を落とすダイエットをしたい方はこちらをご覧ください。

\合わせて読みたい!/

1週間2キロダイエットの原理

ではどうやって体の余分な水分を排出するのでしょうか?

 

それは、「塩分」をなるべく取らないようにすることです。

 

体は体内の塩分濃度を一定に保とうとする働きがあり、

塩分(Na)を摂りすぎると、体内塩分濃度が高くならないように、水分を体に蓄えようとします。

これがむくみと水太りの原因です。

 

飲みにいった次の日ってむくんでたりしませんか?

あれは居酒屋などの料理が塩分を非常に多く含んでいるために、

塩分過剰摂取で、体に水分を蓄えてしまっている状態です。

 

逆に、熱中症の予防では塩分を多く摂取します。

これは、汗によって塩分が過剰排出されることで、体内の塩分濃度が下がり、

自然と水分が排出されてしまい、水分を蓄えられなくなってしまうこと(脱水症状)を防ぐためです。

 

ですから、体内の塩分濃度をある程度低くするよう調節すれば、

余計な水分を排出でき、比較的簡単にダイエットができます。

水分で膨れていた分、見た目も細くなりますし、むくみも取れます。

これが1週間2キロダイエットの原理です。

 

注意!脱水症状の危険があるので、

絶対にこの方法で無理な水分調整はしないでください。

夏場に無理にやると熱中症の危険性もあります。

体の調子を見て正しく行ってください。

1週間2キロダイエットのメリット・デメリット

この方法にも当然メリットデメリットはありますので、

そこを勘案して出来そうか検討してみてください。

メリット

・短期間で可能

・筋肉量は維持できる

・水分代謝が良くなる

・むくみが取れる

・甘いもの(糖質)も食べられる

・素材の味を美味しく感じれるようになる

短期間で結果を出せるものであり、食事量を極端に制限しないので筋肉量は維持できます。

また、体内の水分循環を促すのでむくみは取れますし、水分の代謝は良くなり健康的になります。

糖質制限をするわけでもないので、甘いものを食べても良いです。

当然食べ過ぎてしまってはダメですが、通常のおやつ程度であれば問題ありません。

基本食事は薄味になりますので、素材の味を感じれるようになります。

普段、如何に自分が塩辛いものを食べているか気付けると思いますよ。

食事量の制限ではないので元の体重以上に増えるようなリバウンドはありません。

デメリット

・汗をかく運動は必要

・トイレが多くなる

・水分・塩分を摂りすぎれば元通り

・しょっぱいものは食べられない

 

汗をかくための運動は必要になります。

激しい運動は必要ありませんが、体を熱くして汗をかくことが必要です。

また水分循環を促すため、トイレの回数は極端に増えます。

接客業等で自由にトイレに行けない方は大きなデメリットかと思います。

水分を減らして体重を落とすため、水分と塩分を摂りすぎると元通りです。

飲んだ水の分だけ体重が戻る。というイメージですね。

しょっぱいものや塩気のあるものは1週間我慢が必要です。

 

これらのメリットデメリットを理解した上で、

やれるかやれないか判断しましょう。

1週間2キロダイエット初期(1日目~2日目)

では実際にどのように行うのかご説明します。

・水を1日2リットル以上飲む!

・塩分をなるべく減らす!

・半身浴で汗をかく!

・カリウムの多い食品を食べる!

水分を摂る

ダイエット初日から、「水」を大量に飲みましょう!

ジュースやスポーツドリンクではないですよ。「水」です。

え、水分を出すのに水をたくさん飲むの?!

と思った方も多いと思いますが、

水分の代謝を促すには、まず水分をたくさん摂取して、たくさん排出する必要があります。

水分の循環をしやすくしてあげる必要があるんですね。

 

ちなみに皆さん毎日何リットルの水分を摂ってますか?

ほとんどの方は2リットルに満たないんじゃないでしょうか?

500mlのペットボトル1本も飲んでない。なんて方もいるかと思います。

 

コップに入った水と一緒で、

いれる水が少なければ、溢れ出ていく水も少ないです。

つまり古い水がずっと残っている状態

水分摂取が少ない人は体でこの状態が起こっているということです。

体の水分をすべて入れ替えるくらいの気持ちで、多めに水を飲みましょう。

塩分を減らす

塩分も初日からしっかり減らしていきましょう。

水分を大量に入れる分、塩分も大量に摂っているとむくみます。

くれぐれもしょっぱいものは控えましょう。

 

例えば、ラーメン・カレー・漬物・麻婆豆腐など

味を想像して濃いものは基本NGです。

自炊をする方も、意識していつもより塩や調味料を減らしましょう。

いつもの半分くらいを目安にすると良いでしょう。

汗をかく

そして重要なことが汗をかくこと!

運動が得意な人はウォーキングなどで汗をたくさんかきましょう。

運動が得意でない人は半身浴がおすすめ。

全身お湯に浸かってしまうと汗が出にくくなるため、半身浴で40分。

お風呂に水のペットボトルを持っていくのも良いです。

しっかり汗をかいて水分の循環を促しましょう。

 

ホットヨガやサウナなどもおすすめですが、これらは極端に汗をかくので、

これらをやる場合は塩分制限はしていても、脱水防止のためにスポーツドリンク等は飲みましょうね。

カリウムを摂る

カリウムを摂ることで、ナトリウム(塩分)を排出しやすくしてあげることが出来ます。

 

カリウムの多い食品は、海藻類・野菜・肉魚・大豆など

塩分を減らしつつ食べやすいカリウム豊富食品のおすすめは、

きな粉、バナナ、コーヒー

是非試してみてください。

※カリウムのサプリメントもありますが、サプリメントでは必要量以上に摂取してしまう可能性があるため、おすすめしません。過剰摂取は不健康の元です。しっかり食事からとるように心掛けましょう!

1週間2キロダイエット中期(3日目~4日目)

1週間2キロダイエットの中盤ですね。目標日までの最終助走期間です。

目標日にストンと落とせるように頑張りましょう。

・水を1日3リットル以上飲む!

・塩分は極力取らない!

・半身浴で汗をかく!

・カリウムの多い食品を食べる!

・脂質も摂る!

水分をさらに摂る

この時期になってくると、トイレも近くなってきている方もいると思います。

もっと水分循環をあげるために、さらに水分を摂っていきましょう。

目標は1日水3リットル以上です。

つまり最終日に落ちる体重も多くなって見た目も細くなります。

たくさん摂れば摂るほど、出ていく量も増えます。

塩分をさらに減らす

ここが正念場なのですが、塩分は極力取らないくらいがベストです。

なかなか難しいですが、調味料はかけられないと思ってください。

醤油はなし。塩もなし。マヨネーズもケチャップもドレッシングもほんの少しだけ。

 

その代わり、甘いものや白米はOKです。

総菜パンはダメだけど、菓子パンはOK

せんべいはダメだけど、お団子ならOK

とにかく塩気のあるものは抜かないと水分が出ていきません。

汗をさらにかく

また半身浴はしっかり続けましょう。

ただし、この時期になっての長すぎる入浴はNGです。

汗をかきすぎてしまう可能性もあるので、

十分汗かいたな。すっきりだな。というところで上がりましょう。

 

あとはトイレで十分水分は出ていきます。

くれぐれも無理な長時間入浴は避けましょう。

脂質を摂る

水分が減ると変わってくるのがお肌の調子。

この時期になったらお肌の調子を整えるために油分を摂りましょう。

 

おすすめはココナッツオイル!

中鎖脂肪酸が多く、エネルギーになりやすいため、蓄えられにくい脂質です。

 

もちろん摂りすぎは厳禁ですよ!

1週間2キロダイエット終盤(5日目~6日目)

いよいよ仕上げです。

この頃にはある程度無駄な水分も出て、体重に変化が出ている人もいるかと思います。

最後の仕上げですね。無理せず頑張りましょう。

・水分は喉が渇いたら飲む程度

・塩分は極力カット!

最終日だけは水分は我慢しましょう。

のどが乾いたら飲んで構いませんよ。くれぐれも無理しないように。

塩分はこれまで通り、なるべく取らないようにしましょう。

そしてトイレもだいぶ近くなって、1時間に1回くらいは行きたくなると思います。

ちなみにトイレ1回あたり約100g~150g程度減りますから、

目標日にはほぼ2キロはダイエット完了するかと思います。

1週間2キロダイエット目標当日(7日目)

目標日当日です。

・水分OK!

・塩分OK!

1週間頑張った分顔回りもスッキリしていると思います。

結婚式、同窓会、海などなど。楽しいイベン中は好きに楽しみましょう!

まとめ

いかがでしょうか?

今回は1週間で2キロの短期ダイエット方法をご紹介しました。

ちなみに僕もこの方法で1週間で2.3㎏の減量を使いました。

↓↓↓

汗をかく習慣のない方にはビックリするほど汗が出やすくなったかと思います。

最初にお話しした通り、一時的にでも短期間でダイエットしたい場合の方法なので、

ちゃんと脂肪を落としたい場合は、時間をかけてウォーキングや食事管理で正しく痩せましょう。

ちなみに僕が普段使っているココナッツオイルも置いておきます。

コスパは凄く良いのでよかったら使ってみてください。

California Gold Nutrition, オーガニック・ヴァージンココナッツオイル、スーパーフード、コールドプレス、未精製、16液量オンス (473 ml)

最後に、どんなダイエットでもそうですが、無理は絶対に禁物です!

では、よいフィットネスライフを!

よく読まれている記事

-ダイエット
-, ,

Copyright© RYO BLOG 58 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.